【Pixel 4a】 電源が入らない Google Storeのサポートに問い合わせてみた結果

2020年の終わり頃にGoogle公式のオンラインストア “Gogle Store”で購入した Pixel 4a 。使い始めて1年半ほどで、電源に不具合が生じた。おそらく電源部分の接触が悪くなっているのが原因。

目次

不具合の詳細

不具合が出た初期の頃は、1度電源ボタンを押しても反応しない時が出てきて、2,3度押すようになった。特にこれといったきっかけはない。それからはすぐに症状が悪化していき、今では一度シャットダウンしたスマホを起動させるには”10~20分”ほどかかってしまう。

10~20分かけて電源ボタンを押し続けると、偶発的に接触が良くなるタイミングがありいつの間にか起動している。いつ反応しているのかが分からないのがとてもストレスだ。今では最大20分で反応しているが、これが全く反応しなくなる日が来ることも安易に想像できるので、それが頭をよぎると途方に暮れてしまう。

不具合が起こるタイミング

「充電がなくなりシャットダウンした時」、もしくは「操作を間違えて本体の電源を切ってしまった場合」は必ずこの不具合と対峙しなければならない。

スタンバイ状態(本体は起動しているが液晶は暗い場合)は、指紋認証センサーやダブルタップで反応させることができるので日常利用はそこまで問題はない。

ただ、スマホをズボンのポケットに入れるためスタンバイモードにしたいときは上からメニューを出して電源マークをタップし「ロックダウン」を選ぶ必要がある。不具合がなければ電源ボタンをワンタッチで出来たことなので煩わしく感じる。間違えて「電源を切る」を押してしまった時は最悪だ。

Google Store にチャットでお問い合わせ

今日はやけに反応が悪かったので、そろそろまずいと思いサポートに問い合わせてみた。チャットでの問い合わせに対応してるので待ち時間も少なくスムーズにやり取りができた。

チャットサポート内容

まずはいくつか不具合に関連する基本的な質問をされる。聞かれたことは以下の内容。

  • スマートフォンの機種
  • 購入先
  • 不具合の発生時期
  • 不具合の内容
  • 不具合のきっかけ
  • 不具合の問題解決のため自身で何か作業をしたかどうか
  • 現在端末の操作が可能かどうか

これらに返答したところで、具体的な解決方法を提示していただいた。

物理的改善案

  • ボタン周りの汚れがないか。汚れがある場合は掃除をする。
  • ケースや保護用品の干渉がないか。
  • ボタンが片方だけ高くなっていないか。ボタンが正常な位置に戻らないことがあるらしい。

ボタンの汚れはなく、ケースも使用しておらずボタンもまっすぐ平行を保っていたのでここでは解決に至らず。次に内部から解決を試みた。

内部的改善案

  • 最新のシステムアップデートになっているか確認する。
  • 電源ボタンを押して「電源メニュー」を展開し、セーフモードで起動してみる。
  • 電源ボタン30秒長押しで強制再起動をしてみる。

システムアップデートは常に最新の状態を保っているので問題はない。残りの2つは電源ボタンが反応しないのでそもそも検証ができなかった。ここで改善案は尽きてしまい、保証の確認に移った。

保証期間は過ぎていた

保証期間は購入から1年なので、問い合わせ当時すでに1年半以上が経過しており保証は受けられない。無償保証の望みが途絶えてしまった。そこで、Google正規サービスプロバイダである「iCracked」を公式サイトのリンクと共に紹介された。有償にはなるが純正パーツで修理を頼むことができる。

また現在はPixelの最新機種も発売されており、端末購入時に今使っているスマホを下取りに出すこともできるが、不具合のある端末は価値が低く大した値はつかないようだ。

ここで案内は終了し、最後にサポート品質に関する簡単なアンケートに協力してくれるか尋ねられる。迅速で丁寧な対応をしてもらえたので協力することにした。

まとめ

以上がサポートに問い合わせてみた内容となる。結果的に有償で修理をすることが唯一の解決策となるが、私の住む田舎には「iCracked」の店舗がなくどうしようか迷っている。それも不具合内容が絶妙に困らないので、修理するより新機種へ買い替えのほうが良い気がしている。

今回はサポートにチャットで問い合わせた結果、どのような流れで進んでいくのかをまとめることができたのでこれで良しとしよう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次